広島で最高階数!53階建てタワーマンション hitoto広島the tower とは?

公式サイト完成予想図より

広島市の再開発・都市開発の情報を発信中です。

今回は広島市中区にあるタワーマンション hitoto 広島 the tower さんです。

広告

建物の概要

このマンションは特徴を見ていきましょう。

広島大学の跡地

かつてこの場所には広島大学本部がありました。1973年、広島大学は賀茂郡西条町(当時)に移転することを決定、1982年には移転を開始したそうです。実際に移転計画が完了するまで24年間かかったそうです。詳しくは広島大学の歴史をご覧ください。

そしてこの広大な土地がこの度、ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクトとしてhitoto 広島という名称で開発されることとなり、その一環としてhitoto 広島 the towerが建設されることになりました。ちなみに医学部など一部の学部は千田町に残っています。詳しくはhitoto広島をご覧ください。

中四国・九州エリアで最高階数の53階建て

hitoto広島the towerは地上53階建てのタワーマンションになります。地上53階建ては中四国・九州で最高階数の建物となるそうです。その高さは約178mです。タワーマンションと呼ぶにふさわしい階数と高さですね。

ちなみに広島では次に階数が多いのは広島駅前にある52階建てのシティタワー広島です。シティタワー広島は販売当時は中四国・九州の最高峰としてPRしていました、その高さは約193mです(低層部分にある商業施設の天井が高い影響ですかね)。

1,000人超が暮らすコミュニティ

hitoto広島the towerの総戸数は665戸です。広島市の世帯当たり人数の平均は2.12人なので、単純に計算すると1,410人が暮らす可能性のあるマンションになります(飽くまでも計算上です)。これは一つの街のような規模のコミュニティが出来そうですね。

マンションの価格帯について

2019年8月現在、第四期の販売まで終了しており、公式サイトによるとすでにおよそ430戸が成約されたそうです。2019年9月より第五期として売出予定です。変わる可能性も十分にあるので、ご参考までに2019年8月時点のsuumoに掲載されている物件価格は下記の通りでした、ご購入される方が羨ましい限りでございます。

(間取り)3LDK・4LDK

(専有面積)74.98m2~111.55m2

(予定価格帯)3700万円台~7000万円台

広告

建物の概要

マンション名:hitoto 広島 the tower

供給戸数:665戸

階数:地上53階建

完成日:2020年4月下旬

住所:広島県広島市中区東千田町1丁目1番66

広告

建築の進捗

写真は随時更新していきます。

【撮影日】2019年7月17日

現在、47階あたりまで躯体が達しています。平野橋から撮影しました。

【撮影日】2019年8月2日

現在、48階or49階あたりまで躯体が達しています。宝町あたりから撮影しました。

【撮影日】2019年8月7日

現在、48階or49階あたりまで躯体が達しています。皆実町あたりから撮影しました。

【撮影日】2019年8月9日

現在49階まで躯体が達しています。東千田公園から撮影しました。

【撮影日】2019年8月12日

中央通りからもhitoto広島the towerが確認できました。

中央通り三川町あたりから

【撮影日】2019年8月31日

中心部ホテルから南方面を見渡してみました。ハッキリとhitoto 広島 the towerが確認できます。

一際目立つ高さのhitoto 広島 the tower

コメント